メンズ財布関連情報

HOME名刺・財布を買う前の確認事項

最終更新日:2017/11/20

名刺・財布を買う前の確認事項

黒い財布

ビジネスマンの必需品と言えば、名刺入れと財布でしょう。名刺はビジネスマンにとっては侍の刀と同価値、これを忘れてしまっては、どれだけ仕事ができる人だったとしても、常識を疑われてしまいます。一方、財布は直接見せる機会こそ少ないものの、どこかで会食があった、先方とどこかお店で打ち合わせをした際、会計時に財布を取りだします。ここで、古い財布、あるいはチープな財布を持っているとバツの悪い思いをしてしまいます。もちろん、財布で全評価が決まってしまうものではありませんが、人の印象というものは、そういったちょっとしたことの積み重ねで、どんどんと悪い方向に傾いていってしまうので、名刺入れと財布を選ぶときは気を遣ったほうがいいでしょう。
ブランドものの名刺入れや財布は、高額なために買うのをためらう方も少なくないでしょうが、しかし高級ブランドのスーツ一式を揃えることを考えれば、こういった小物はまだ安い部類に入ります。人間は、どこかワンポイントを強調したほうが、強い印象に残りやすい性質を持っていますから、全体をブランドで固めるという余裕のない人は、小物だけでも豪華にすると思わぬ場面で得をすることもあるでしょう。
さて、ひと口にブランド財布と名刺入れといっても、何を買えばいいか迷う事もありますよね。名刺入れや財布のメンズで人気のあるのは、やはり革素材です。革素材は他の素材と比べても、その質感は段違いですから、上品でマナーの行き届いた人間として自分をさりげなくアピールする小道具としてはまさに打ってつけと言えます。しかし、こういった革製品を買う時にはちょっと注意していただきたいのが、名刺入れと財布のメンズの手入れ方法です。動物の革と言ってもいろいろありますよね。名刺入れや財布によく使われているのが、牛や馬の革です。革製品は使えば使うほど味わいが出てくるのですが、それには定期的なメンテナンスが欠かせません。最初は少し面倒に感じるかも知れませんが、クリームを塗りこんでやることで、買った時とほとんど変わらない光沢を長期間にわたって見せてくれるのです。ただし、ただ塗り込めばいいというものではなく、革の性質を知っておくことが重要です。例えば、ロウを塗った牛革の場合は水気には強くなるが、その分面テンスが面倒になる、馬革の場合は丈夫だけど水気に弱くなる、といった具合に、素材や製法によって、塗るクリームの種類が変わってくるのです。ブランド品を扱うお店のなかには、通販サイトで財布や名刺入れとともにお手入れ用品も販売しているところがあります。ブランドものの小物を買う時は素材と一緒にそれに適したクリームもきちんと選んでおきたいですね。

一覧はこちら

メンズ財布ランキング

TOP