メンズ財布関連情報

HOME【メンズ必見】財布に入れっぱなしにしてはダメなものは?

最終更新日:2017/11/20

【メンズ必見】財布に入れっぱなしにしてはダメなものは?

何も入っていない財布

お金は入ってきたと思えば、すぐに出ていったしまうものです。できれば、ずっと側にいて欲しいけれども、そうならないのが世の常です。日本経済は数値の上では上向き傾向にあると言われているものの、あまり景気回復の実感のわかない方もいることでしょう。自分なりに努力はしているけれど、給料も上がらないし、ボーナスも雀の涙。個人でできることには限界があります。こういった時には、少し現実主義的な視点から距離を置いて、スピリチュアルな面に目を向けてみてはいかがでしょうか。
スピリチュアルとはつまり金運のことです。こういったことは、どちらかと言えば女性の方が好きで、男性はあまり関心がないという方もいるかも知れません。しかし、できることを全てやった後に残されているのは、精神的な部分だけです。もちろんお金が貯まらないという現実を直視することも重要ですが、それだけでは息が詰まったような心持ちになることも事実。そう考えれば、気分転換として金運という視点を取り入れてみるのも無駄ではありません。
さて、金運という観点に立った時、財布というのはお金を入れておく道具ですから、お金にまつわる運気をつかさどっているところと言われています。では、お金がもっと貯まるようにと、お札や小銭をパンパンに詰めこんでおけば運気を招き寄せられるかというと、残念ながら違います。というのも、財布がパンパンな状態になっていると、新しくお金を入れるスペースがない=お金が転がり込まないという理屈になってしまうのです。
そのため、普段、小銭がジャラジャラ、現金主義で大量に持ち歩いているという人は、ある程度整理しておいたほうがいいでしょう。さらに、お店でもらったレシートを捨てられず、あるいは捨てる場所がなかったという理由で、財布に突っ込んだままというのもよくありません。というのも、財布のなかにお金以外のものを入れてしまうと金運が下がってしまうからです。
上記に挙げたようなケースはどれもこれも、安い財布を使っているからこそ起こることの多い話です。これがもしブランドの革財布であれば?お金を詰め込んで財布を傷めたり、レシートを無造作に突っ込んだりはしないでしょう。お金を呼び込むために、高い財布を買うのは本末転倒と思われるかも知れませんが、実際、高いものを身につけていれば自分までが何かハイグレードな人間になったような気分になれるものですし、何より高いものを買った以上は散財に気をつけるという心理上の変化もあることでしょう。安物買いの銭失いとはよく言ったもので、高い財布を持っているだけで、お金にまつわるさまざまな事柄に注意がいくものなのです。

一覧はこちら

メンズ財布ランキング

TOP